YouTubeの撮影で私が使っているおすすめ機材を教えます

Updated: Oct 7, 2019

お金をかけないSNS集客の専門化の杉川雅彦です。


今回は、質問でよく動画の機材がおすすめか聞かれるので、

私がどのような機材を使って撮影をおこなっているのかを

お話ししていきたいと思います。


撮影機材はiPhoneで十分

2019年9月20日にiphone11が発売されました。



私は発売日に購入することができました。

Proではなくノーマルの11を購入しました。

Proとノーマルの違いはカメラに光学の望遠機能が有るか無いかの違いです。

あと最大の容量の違いです。


前はiphoneの7PLUSを使っていました。

アウトカメラの性能は問題ないのですが、インカメラが弱いのが悩みでした。

あと暗い場所での撮影が弱いのも悩みでした。

iPhoneで4K撮影やHD画質はもちろんできますし、

マイクも高品質なので音もキレイに録音できます。

You Tubeにアップするのであれば、

HD画質の撮影で全然問題ありません。


自撮りとかで顔を見ながら

撮影するのであれば

大きな液晶を見ながら喋ることができるので

撮影もしやすいです。


基本的に動画の

撮影の機材は

iphoneで十分という認識で良いかと思います。


しかし、30分以上の動画の撮影となると、

ビデオカメラが必要かと思います。

しかし、一般的なビデオカメラは音質が悪いんです。

そのため外付けの高性能のマイクをつけないと満足いく音質にはなりません。

そのため突き詰めていくと

費用がすごく高くついてしまうという悪循環に陥ってしまいます。


YouTubeにあげる動画撮影であれば、私は最新のiphoneで十分かなと私は思います。

この機会にiphone11に買い換えることを考えて頂ければと思います。



外でライブ配信するのであればジンバル必須

よく私は良好とかするときには、街ブラの動画やライブ配信とかするのですが、

もちろんiphoneを使っています。

その際直接手に持って撮影すると、画面がガクガクと動くので見ている人にとっては見にくい画像で、見ていると乗り物酔いのような状態となってしまうことがあります。


そういった撮影の際に使って欲しいものがあります。

それはジンバルです。ジンバルとは「スムーズな映像を撮影するための回転台付きグリップ」といい、 ジンバルにスマホを設置し使用すれば、撮影者が動いてもカメラを一定の向きに保つことが可能です。揺れや傾きを軽減できるので、ドローンのような「ヌルヌル動く」スムーズな視点映像の撮影が可能になります。


Hohem iSteadyMobilePlus

スマホ用ジンバル3軸スタビライザー


これはamazonとかでも売っています。

2年前とからなら3万円ぐらいしていましたが

今では、1万円きっていっます。

しかもケース付きで三脚付きです。

アプリをつかうことで顔追跡もすることができるので便利です。

テーブルにおいて動きのある撮影をすることも可能になります。

現段階では、iPhone11とジンバルを使った撮影が

一番最強なのかもしれません。



簡単に高音質の長時間の撮影できる おすすめのビデオカメラZoom Q4n

長時間撮影したい

例えばセミナーの撮影であったりとか

オンラインの動画セミナーとかを収録したい時に

どういったものを使うと簡単に高品質な収録する方法についても

お伝えしておきます。


ズームという音響メーカーがあるんですけれども、

こちらが販売しているハンディビデオカメラレコーダーQ4N

こちらがおすすめです。

ZOOM ズーム ハンディビデオカメラレコーダー Q4n


なぜおすすめなのかというと、

コンパクトなハンディサイズなのに

フルHDの画像で迫力のステレオサウンドで撮影が可能です。

ハイレゾ音質録音可能でABとXY方式のステレオマイク内蔵ということで

音にこだわったカメラなんです。


動画をやってると、一番気になるのは実は音質なんです。


例えば通常のファミリー飲まビデオカメラですね

ファミリータイプのビデオカメラだと

音が軽くて安っぽい音になってしまうんです。


それが気になって、結局、高額なビデオの専用の高性能のマイクを購入することになります。


そうなると荷物にもなりますし、細かい調整も必要になるので

面倒くさくなって撮影するのが億劫になったりしてしまいます。


このビデオカメラであれば

これだけで撮影が可能です。


広角のレンズなので近くから広く撮影ができますので

一人で撮影する時に重宝します。


マイクの感度も調整できるので

遠くの音まで音をひろう設定もできますし、

近くの音だけしかひろわないという設定もできます。


バリアングルにもなってるんで、

自分の見ながら撮影っていうのもできます。

100均とかで売っている小さい三脚と組み合わせて使うと良いでしょう。



動画でも詳しく説明しておりますのでご覧くださいませ。



#YouTube撮影 #ジンバル #iPhone撮影 #Q4n #ビデオカメラ

Follow Me

  • Facebook - White Circle
  • YouTube - White Circle

© 2015 by レッドパッションワールド 杉川雅彦公式ホームページ

〒144-0052
東京都大田区蒲田5丁目8−2
​セザール蒲田第二405