Wixを使えばサブスクリプション(月額課金)の仕組みを持つことができます!

これからの時代はライフタイムバリューの時代で サブスクの仕組みが必要となってきます!

2年前まではワンタイムバリューで1万円の商品を100人に売るよりも、

1人の人に100万円の商品やサービスをいかに売るのか?

という戦略を考えるのが主流の時代でした。


しかし、昨年あたりから潮目が大きく変わり、

1万円の商品を100人に販売し、長く継続してもらう

ライフタイムバリューという考え方が浸透しました。

大手焼肉チェーンの牛角などでも実施し大きな話題となりました。



サブスクリプション(月額課金)にはメリットしかない

サブスクリプションと聞くと入ってくる金額が少なくなるのでデメリットではないかと思うかもしれません。


サブスクリプションでのサービス提供には売り手にも買い手にもメリットがあります。


買い手にとっては、いままで一括で高額でしか手に入らなかった商品やサービスが月額の料金で利用ができて、必要なくなったらやめることが出来る。


売り手にとっては、先に来月以降の売上を確定させることができるのでスピード感のある経営をおこなうことができます。

また、購入ハードルが下がるため、一気にクライアントを増やすことも可能です。

サブスクリプションは体験を売ることにもつながりますので、追加商品やオプションを充実させることで定額+αの売上につながっていきます。


サブスクリプションは経営の安定ではなく、 経営の成長力を高める事ができる!

売り切りの商品だとその場限りの売上になってしまいます。

目先の売上を追ってしまうとどうしてもスピード感がなくなってしまいます。

サブスクリプションはクライアントさんと長期的に関わることができますので、ファン化することも可能です。


サブスクリプションのサービス提供する上で重要なのは、

参加するハードルをできるだけ低くして、

参加型で経験や体験できる仕組みをつくり、

「これ入ったほうがいいよ」と口コミが起きるような仕組みをいかにつくるかがポイントとなってきます。


Wixであれば月額課金の仕組みとコミュニティの仕組みを 一元化で持つことが可能です。

例えばオンラインサロンの仕組みってサブスクリプションのモデルですが、オンラインサロンの会社の仕組みは月額課金の決済システムを提供しているだけです。

サイトでサロンの紹介はしていますがそれ自体に集客力はありません。

その仕組みを利用するために会員が支払う金額の30%の手数料を払わないといけません。

30%というのは人数が増えてくると結構な金額となります。


例えば、3000円で50名だと

150,000円×30%=45,000円


45,000円も手数料かかるって結構でかくないですか?

Wixであればたった月額2,420円(税込)+クレジット決済手数料(3%程度)だけで月額課金のシステムを維持することができます。


それだけではなく、月額課金で支払いしている人だけが入ることが出来る交流ページを

作ることも可能です。

こちらは決済情報に連動するため退会すると自動的に見れなくなりますので事務手続きを減らすことが可能です。


現状、交流ページはFacebookグループを利用しているところが多いですがシステムが別のため確認作業がどうしても発生しますが、Wix内で完結するとそういった煩わしさがなくなります。


無料Zoom面談実施中

もし、ブログに書いていることで、

内容を詳しく聞きたいという人は

こちらからあなたのご都合の良い日時で

無料面談をお申し込み下さい。


無料Zoom面談に申し込む

https://bit.ly/2Krzopo

208回の閲覧

Follow Me

  • Facebook - White Circle
  • YouTube - White Circle

© 2015 by レッドパッションワールド 杉川雅彦公式ホームページ

〒144-0052
東京都大田区蒲田5丁目8−2
​セザール蒲田第二405