top of page

「人の役に立てる仕事」をしたいと思っているあなたへ


思い描いた人生

「人の役に立てる仕事」をしたいをすデメリット

「人の役に立てる」仕事をしたいということは、社会に貢献したい、誰かを助けたい、という気持ちの表れなので素晴らしいです。


そのような仕事をすることで、以下のメリットを得ることができます。


仕事にやりがいを感じられる

誰かの役に立つことで、自分の仕事にやりがいを感じることができます。やりがいを感じることで、仕事に対するモチベーションや意欲が高まり、仕事のパフォーマンスが向上します。


自己肯定感を高められる

誰かの役に立つことで、自分の存在意義や価値を感じられ、自己肯定感を高めることができます。自己肯定感を高めることで、仕事や人生に対する充実感や幸福感を得ることができます。


社会に貢献できる

誰かの役に立つことで、社会に貢献することができます。社会に貢献することで、自分の存在を社会に認められ、社会の一員としての責任感ややりがいを感じることができます。



「人の役に立てる仕事」をしたいをするデメリット

「人の役に立てる仕事」をすることは、以下のデメリットが考えられます。


仕事の責任や重圧が大きくなる

誰かの役に立つ仕事は、責任や重圧が大きい場合があります。責任や重圧が大きいと、ストレスや疲労を感じやすくなる可能性があります。


仕事のやりがいを見失う可能性がある

誰かの役に立つ仕事は、やりがいを感じやすい仕事ですが、やりがいを見失ってしまう可能性もあります。やりがいを見失ってしまうと、仕事に対するモチベーションや意欲が低下し、仕事に苦痛を感じるようになる可能性があります。



「人の役に立てる仕事」は自己犠牲の上になりたっている!?

近年では、そのような仕事が自己犠牲の上になりつつあるのではないかという指摘もあります。

その理由としては、以下のようなものが挙げられます。


仕事の責任や重圧が大きくなる

「人の役に立つ」仕事は、人の命や生活に関わる重要な仕事であることが多いため、責任や重圧が大きくなっています。例えば、医療や介護、教育などの仕事は、人の命や生活を左右する重要な仕事であり、責任や重圧が大きいものです。


仕事のやりがいを見失う可能性がある

「人の役に立つ」仕事をすることは、やりがいを感じやすい仕事ですが、やりがいを見失ってしまう可能性もあります。例えば、ボランティアやNPOなどの仕事は、やりがいを感じやすい一方で、報酬や待遇が低い場合があり、やりがいを見失ってしまう可能性があります。


仕事とプライベートのバランスが取りづらい

「人の役に立つ」仕事は、残業や休日出勤が多くなり、仕事とプライベートのバランスが取りづらい場合があります。例えば、医療や介護などの仕事は、人手不足が深刻化しており、残業や休日出勤が多くなっています。

このような状況の中、仕事にやりがいを感じつつ、自分を犠牲にせずに働き続けることが難しくなってきています。


「人の役に立つ」仕事は、社会に貢献できるやりがいのある仕事です。

しかし、自己犠牲を払ってまで行う必要はありません。

自己犠牲は、自分を壊してします原因にもなります。

自分を大切にした上で「人の役に立つ」という考え方を意識することが大切です。。



人生逆転したい❗️

そう思った方のみ限定で初回に

限り30分のビジネスタロットzoomセッションが

無料でご体験いただけます✡️





コメント


自由人への第一歩
​ポイ活を始めよう!

img_introduce03.png
img_introduce06.png
bottom of page