top of page

セルフブランディングとは



個人で事業をしていくうえで大切なのが、セルフブランディングです。セルフブランディングとは、「自分をブランド化」するということです。

数ある似たようなサービスからお客様に自分を見つけてもらい、選ばれるためには、正しく、自分が提供できることを理解し、サービスをつくり、その内容を適切に伝える必要があります。

自分の価値を差別化してアピールしていくことで、認知と信頼を得るためのマーケティング活動であり、「自分自身を商品と捉え、その商品価値を高める行動」です。

あなたの人柄や価値観を発信していくことで、単なる「業者」や「サービス提供者」ではなく、「1人の人間」として認知されるようになります。


ホームページなどの自分メディアだけではなく、ブログやSNSも活用し、交流していくことで、親しみを感じてファンになっていただくことができます。

認知と信頼が上がると、そのサービスが欲しいときに思い出してもらえ、問い合わせを得る機会を増やすことができ、結果的に濃い見込みのお客さまを増やしていくことに繋がります。


セルフブランディングを意識し実践することで売らなくても売れるようになります。


しかし、今までの“セルフブランディング”のノウハウは、「自撮りやすごい写真や言葉などをアップして自分をいかに良く見せるか」という“テクニック”に集中する傾向にありました。

本当の意味での「セルフブランディング」で重要なのは、小手先のテクニックではありません。表面的なテクニックに走ると、逆にあなたの価値が下がることもあります。

俗に言う「痛い」or「イタイ」等と陰で言われる状態です。


ではどうしたらよいのでしょうか。


本書では、「セルフブランディング」を考える際のポイントと、その実践法について、例を交えながら説明していきます。

あなたの価値が高まり、思い描く理想的な顧客を引き寄せ、ビジネスの安定につながるセルフブランディングをしていきましょう。

閲覧数:6回0件のコメント

コメント


自由人への第一歩
​ポイ活を始めよう!

img_introduce03.png
img_introduce06.png
bottom of page