top of page

返報性の法則とは



他人から好意やものを与えられた場合、何かでお返ししたいという感情が働きます。

この心理は、年齢、人種問わないのでよく日常生活でも使われている法則です。


例えば、スーパーの試飲や試食などして、思わず買ってしまうということないですか?

スーパーの店員さんが、お客さまに対して先に試食として与えることによりお客様が購入を断り辛い状況を作っているのです。巧みに使うことにより人の行動を誘導することができるので悪用厳禁です!


情報などを与え続けることで感謝され、自分のことを覚えてもらえる状況をつくれば、必要なときに思い出してもらえ、売り込む必要がなくなるので精神的な負荷は軽減されます。


返報性の法則を知っておくと、セールスが苦手な人でも商品やサービスが売れていく状況をつくることができるようになります。



返報性の法則の使い方


「お客さまに対して必要な情報」を与えまくってください。

「お客さまの必要な情報を」を知るには、お客様のニーズを知る必要があります。

お客さまが何を考え、何を求めているのか?

知る方法はいくらでもあります。


例えば、雑談もひとつの手ですし、Facebookなどで質問してみるのも良いでしょう。

お客さまは、必要な情報をを与えられ続けられると、何かしらの形で返そうとしてくれます。


それが、サービスや商品の「契約」や「購入」です。

この方法を使えば、商品を売らずにモノが売れてしまいます。

閲覧数:3回0件のコメント

Комментарии


自由人への第一歩
​ポイ活を始めよう!

img_introduce03.png
img_introduce06.png
bottom of page