top of page

東南アジアのロングステイで使用するsimは初回に限り日本のAmazonでまず購入しておく理由とは

東南アジアの国々で、スマートフォンやタブレットを利用してインターネットにアクセスしたい場合、その国で利用できるsimの購入は必須です。

しかし、現地で買い求めるのは面倒くさいし、高額なこともあります。

そこで、日本のAmazonで事前に事前に購入することをおすすめします。



その理由としては以下の理由が挙げられるからです。

  • 東南アジアの空港でsimカードを購入する場合、価格やプランの比較が難しい

  • 日本のAmazonでは、東南アジア各国のsimカードを多数取り扱っており、レビューや評価を参考にして自分に合ったものを選ぶことができる

  • 日本のAmazonで購入したsimカードは、現地で買うよりも安価で購入することができます。

  • 日本のAmazonで購入したsimカードは、出発前に自宅に届けられるので、旅行先での手間や時間を省くことができる

  • 日本のAmazonで購入したsimカードは、日本語のサポートや説明書が付いていることが多いので、設定や使用方法に困ることが少ない


以上の理由から、東南アジア旅行やロングステイにあたり、simカードを購入する場合は、日本のAmazonで事前に購入することをおすすめしております。



実際に到着時にネットが繋がらないのは何かと不安になります。

困った時や道が分からなくて、いきなり現地の人に話しかけるのは非常に勇気がいります。

Google Mapや翻訳アプリが使えるだけでも利便性が一気に高まります。

事前に購入しておくことと、飛行中にsimを交換することができますので、到着し電源を入れたらすぐにネットが繋がるので安心です。


あと、おすすめなのは、日本の電話番号で現地のタクシー配車アプリに登録しておき、クレジットカードの登録を完了しておくことです。

そうすることで、現地に到着してすぐにキャッシュレスで移動することができて便利です。


Amazonで購入したsimは、現地でトップアップ・チャージができない場合があります。

simの会社のアプリに登録できない場合は、simを使い切ったら現地のショップでsimを購入し、以降は現地で購入したsimをアプリやショップ・コンビニ等でトップアップ・チャージをすることで、同じ番号を使い続けることができます。

なお、sim購入の際はパスポートが必要です。



現地のアプリなどの認証で現地の電話番号が必要ですので、必ず国別にsimを購入しデータ専用ではなく電話番号がありSMSが利用できるものを選ぶようにしてください。

私が過去にAmazonにて購入したsimを掲載しておきますので参考にしてください。


タイ

AIS タイSIM 16日間(384時間) 利用可能 タイ国内用プリペイドSIM データ容量15GB


マレーシア

【celcom】プリペイドsim マレーシアsim 30日間50GB 4G/LTE対応 安定高速データ通信 無製限通話 現地SIM番号付き


ベトナム

ベトナム国内用プリペイドSIM 利用日数30日 4G・3Gデータ通信7GB ベトナム国内への無料通話付き SIMピン付き


Commenti


自由人への第一歩
​ポイ活を始めよう!

img_introduce03.png
img_introduce06.png
bottom of page