top of page

東南アジアロングステイのメリットとデメリットとは?


東南アジアは、日本から近くて安い、気候が温暖で自然が豊か、人々が親切で文化が多様など、魅力的な地域です。

そんな東南アジアでロングステイをすると、どんなメリットとデメリットがあるのかについて事前に知っておきましょう。


まず、メリットとしては、以下のような点が挙げられます。


  • 生活費が安い。東南アジアの物価は日本よりもかなり低いので、同じ予算でより豊かな生活ができます。 食事や宿泊、交通費など、日常の出費が抑えられます。

  • 言語や文化を学べる。東南アジアには多くの国や民族があり、それぞれに独自の言語や文化があります。 ロングステイをすることで、現地の人々と交流し、その言語や文化を深く理解することができます。

  • 文化的な多様性がある。東南アジアは、様々な宗教や文化が混在する地域であり、多様な文化体験をすることができます。 また、豊かな自然環境や、美しい観光地も多く、旅行やレジャーを楽しむことができます。 ロングステイをすることで、その魅力を存分に味わうことができます。


  • 温暖な気候で過ごしやすい。東南アジアの多くの国々は、年間を通して温暖な気候が続きます。 冬季の寒さや、日本のような四季の変化から解放され、快適な気候の中で生活することができます。 また、花粉症は東南アジアにはありません。


  • 社交的な環境がある。東南アジアの多くの国々は、親日的で社交的な人々が多く、新しい友人や知り合いを作りやすい環境です。 特に、英語が公用語となっている国では、コミュニケーションのハードルが低く、日本人にも馴染みやすいです。


一方、デメリットとしては、以下のような点が挙げられます。


  • 治安や衛生面に注意が必要。東南アジアは日本に比べて治安や衛生面が劣る場所もあります。 盗難や詐欺、感染症や食中毒などに遭わないように注意しなければなりません。 また、自然災害にも注意が必要であり、洪水や台風、地震などが頻発する地域もあります。

  • 環境や気候に慣れるのに時間がかかる。東南アジアは日本とは異なる環境や気候にあります。 暑さや湿度、虫や動物、水質や電力などに慣れるのに時間がかかる場合もあります。

  • 日本との時差や距離がある。東南アジアの多くの国々は、日本との時差が1時間〜2時間あります。 そのため、日本との連絡や帰国が不便になる場合もあります。 家族や友人とのコミュニケーションや緊急時の対応に注意しなければなりません。

  • 文化・社会環境の違いがある。東南アジアの文化や社会環境は、日本とは大きく異なります。 異文化に対する適応力が必要であり、日本人にとってはストレスや孤独感を感じることもあります。


  • 言語の壁がある。東南アジアの多くの国々では、現地語が主要な言語となっています。 英語が公用語である国もありますが、現地語が使われる場面が多くあります。 そのため、現地語がわからないと翻訳機などを使ってコミュニケーションが必要な場合が出てきます。

  • ビザや滞在許可の問題がある。東南アジアの多くの国々では、長期滞在する場合にはビザや滞在許可が必要となります。 ビザの取得や更新手続きなど、煩雑な手続きが必要となる場合があります。


  • 医療体制の問題がある。東南アジアの医療体制は、日本と比較して発展途上にある国もあります。 病院の設備や医師の技術、医療費などに差があるため、万が一の病気やケガに備えて、しっかりと医療保険に加入しておく必要があります。


以上のように、東南アジアロングステイにはメリットとデメリットがあります。

自分の目的や希望に合わせて、よく考えて決めることが大切です。


コメント


自由人への第一歩
​ポイ活を始めよう!

img_introduce03.png
img_introduce06.png
bottom of page