top of page

印象に残るプロフィールとは




売上や施術数やセッション数などの具体的な数字を書きましょう。

自分ではたいしたことではないと思っていたとしても、他の人から凄いと言われたことがあることはプロフィールに書きましょう。


人の記憶はNo.1や、すごいと思ったことにしか興味を持たれません。

『日本一の高い山』は答えることができますが、『日本で2番目に高い山』は答えることが出来ない人がほとんどです。

だからこそ表現を工夫する必要があります。


例えば私はKindleで本を出版しましたが総合ランキングでは8位でした。

しかし、カテゴリーランキングで1位を獲得することができました。

この場合だと、カテゴリーランキング1位を全面に押し出した方がより興味を持ってもらえやすいということです。できるだけ狭い範囲に落とし込んで1位になれるものがないか知恵を絞りましょう。


例えば、狭い地域(県・市)で1番や、掛け合わせてオリジナルのメゾットにするなどしてオンリーワンにしても良いのです。


ここで重要なのは、ブランディングに関係ないことは、プロフィールに書かなくて良いということです。

例えば、仕事と関係ない趣味や家族のことを深堀りして書いてしまうと、ブランドイメージがブレてしまう場合がありますので気をつけましょう。


つくったプロフィールはウェブサイトや SNS に掲載しましょう。

閲覧数:3回0件のコメント

関連記事

すべて表示

Comments


自由人への第一歩
​ポイ活を始めよう!

img_introduce03.png
img_introduce06.png
bottom of page