top of page

支払われる年金額では老後の生活費は賄えない現実


老後に必要な生活費は、現在のライフスタイルや年金受給額、住居状況などによって大きく異なりますが、総務省の家計調査報告によると、2020年の平均的な老後の生活費は、一人暮らしで月平均13万円、夫婦2人暮らしで月平均22万円でした。


これはあくまでも最低限の生活費で、住居が賃貸やローン残高がある場合はさらに上乗せが必要です。


一人暮らし老後生活費



夫婦二人暮らし生活費 


一人暮らしの場合、食料や光熱水道費などの必需品にかかる費用が多く占めます。

夫婦2人暮らしの場合は、食料や交通通信費などが増えます。

また、保健医療費も高齢者になると増える傾向があります。


そして、これらの生活費とは別に、所得税や社会保険料などの非課税支出もあります。

一人暮らしでは月平均11,541円、夫婦2人暮らしでは月平均31,160円の支出があるので注意が必要です。


まず認識していただきたいのは、老後の生活費は年金だけでは不足する可能性が高いということです。


ここまでの話は、平均の話ですので実際は年金定期便に書かれている金額ですのでそれを加味して判断が必要となってまいります。


私自身の年金定期便に記載があったのは、85,000円でしたので最低限の生活を送るにも毎月60,000円足りないという計算となってしまいます。

65歳から年金を受け取って90歳まで生きると仮定しても

85,000円×12ヶ月×25年=

2550万円を65歳までに貯めない限りは隠居は出来ないということが確定しているのです。


これは無理ゲーだと感じた私は、どうすれば65歳までに2,550万円貯めれるかを考えて導き出した答えが東南アジアで生活することだったのです。


私がなぜ東南アジアで生活することを選んだかについては今後も書いていきます。

読んでいただいた感想をお聞かせいただけますと嬉しいです。

質問等もお待ちしております。


Commentaires


自由人への第一歩
​ポイ活を始めよう!

img_introduce03.png
img_introduce06.png
bottom of page