top of page

【東南アジアロングステイの実際の働き方とは?


東南アジアでロングステイする際に、どのように働いて収入を得たら良いのか分からずに、ロングステイを躊躇している人も多いのではないでしょうか?


東南アジアは日本と比べて物価が安く、気候も温暖で、魅力的な観光地も多いため、ロングステイを考える人が増えています。 しかし、ロングステイするには、ビザや生活費などの問題があります。 昨今、働きながらロングステイし、これらの問題を解決している人も増えてきました。 では、実際にどのような仕事をしているのでしょうか?


東南アジアロングステイ時に働く方法は大きく分けて、現地で働く方法とオンラインで働く方法があります。 現地で働く方法は、主に英語や日本語などの言語教師やツアーガイドなどのサービス業が多いです。 これらの仕事は、現地の人や観光客と接する機会が多く、文化交流や人脈作りにも役立ちます。 しかし、現地で働く場合は、就労ビザや労働許可証などの法的な手続きが必要になります。また、現地の法律や習慣に従わなければならないこともあります。 そのため、現地で働く方法は、準備や条件が厳しい場合が多いです。


オンラインで働く方法は、主にライターやデザイナーなどのクリエイティブ系やプログラマーやエンジニアなどのIT系の仕事が多いです。 これらの仕事は、インターネット環境さえあればどこでもできるため、自由度が高く、時間や場所に縛られません。 しかし、オンラインで働く場合は、自分で仕事を探したり管理したりする能力が必要です。また、収入や税金などの財務面も自己責任になります。そのため、オンラインで働く方法は、自律性や責任感が求められる場合が多いです。


また、東南アジアで起業することも考えられます。 現地のビジネスパートナーや専門家の支援を受けて、起業することができます。 コストが安いため、日本で起業するよりも比較的リスクが少ない場合があります。 しかし、現地で起業する場合は、言語の壁や文化の違い、労働法やビジネスマナーの違いなど、様々な障壁があります。 事前に情報収集や準備をしっかりと行い、現地の専門家や情報源に相談することが重要です。 また、必要なビザや許可を取得することも忘れずに行ってください。


ちなみに私が行っているスタイルは、日本に向けてオンラインでサービス提供して収入を得るというスタイルです。 日本円を稼ぎ、東南アジアで使うのが物価の差異が大きくメリットも大きいです。 日本での生活スタイルをそのまま東南アジアに持ってこれ年に1回確定申告の時に日本に帰国すれば良いので、このスタイルで働くことが1番おすすめなのではないかと思っています。

Comments


自由人への第一歩
​ポイ活を始めよう!

img_introduce03.png
img_introduce06.png
bottom of page