top of page

インドネシア(バリ島)のプチ移住にかかる食費はどれぐらい?

こんにちは!『すぎちゃん先生』こと杉川雅彦です。

今回は、インドネシア(バリ島)でプチ移住した場合の食費についてお話します。


生活コストをいかに抑えるかも非常に重要なことです。

特に食は生活する上での楽しみでもありますよね、東南アジアの場合は1人だと自炊するよりも外食のほうが安いケースも多いです。

しかし、現地のローカル食は合う合わないがあったりしますので、日本食がいくらで食べれるかも重要です。


 

【目次】

 

 

インドネシア食費の物価

 
  • 水・・・ミネラルウォーター 600ml3,000ルピア約24円

  • ローカルのコーヒーショップ・・・一杯バリ・コーヒー 3,000ルピア 24円

  • ローカル料理の屋台やフードコート・・・1食 ナシゴレン(炒飯)、ミーゴレン(焼きそば)・・・15,000ルピア(約117円) サテアヤム(焼き鳥)・・・8本10,000ルピア(約78円) チャップチャイ(八宝菜のような野菜炒め)・・・13,000ルピア(約101円)

  • 日本食ファストフード店・・・ 吉野家 牛丼(並盛)吉野家の牛丼・・・45,000ルピア(約352円)

  • 日本食ランチ・・・寿司セット96,000ルピア約783円

  • ローカル料理レストラン(クーラーが効いているおしゃれな店)ナシゴレン30,000ルピア~約244円 ミーゴレン25,000ルピア~約204円 サテアヤム(焼き鳥)30,000ルピア~約244円

  • マクドナルド・・・ビッグマックセット 46,000ルピア約380円

  • マンゴー・・・1つ50円

  • ビンタンビール 20,000ルピア 150円


基本的に海外から入ってきているチェーン店については、日本の価格と変わらないので節約のため行かないようにしましょう。


タイのように現地の人がやっている日本食がないので、日本食が増えると食費がどうしても上がってしまいます。


 

インドネシアの1ヶ月の食費

 

1日に下記を利用するものとする

  • 水600ml×2 6,000ルピア 48円

  • ローカルコーヒー店利用 バリ・コーヒー 3,000ルピア 24円

  • 食事2食 ローカル食フードコート28,000ルピア 218円・日本食寿司セット96,000ルピア約783円 計124,000ルピア 1,001円

  • カットフルーツ 6,000ルピア 50円

  • ビンタンビール 20,000ルピア 150円



1日小計・・・159,000ルピア 1,273円



30日合計・・・4,770,000ルピア 38,190円



日本で上記の生活をすると

水500ml×2本=200円

ドトールコーヒー店利用 272円

食事2食 ランチ700円 夜スーパー利用900円 1600円

おやつ 200円

ビール 1本 260円


1日小計・・・2,532円


30日合計・・・75,960円


日本での生活パターンを維持しても約50%食費が安くなる計算となります。


 

さいごに

 

インドネシアの食費に関しては、日本と比べると半額ぐらいの水準となります。


インドネシアがフードデリバリーの激戦区で、配送料が無料のキャンペーンも多いようですので積極活用すると良いでしょう。


このブログを読んでいただいて『海外移住したい!』という価値観に共感していただいた方が多ければ、そういった人が集まれる場所を作ろうと思いますので『海外移住したい!』とコメントいただけますと嬉しいです。

※コメント欄は関連記事の下にありますのでよろしくお願いします

閲覧数:13回0件のコメント

関連記事

すべて表示

Kommentare


自由人への第一歩
​ポイ活を始めよう!

img_introduce03.png
img_introduce06.png
bottom of page