top of page

【ロングステイおすすめの国】マレーシアの物価・治安・気候・文化の基本情報



日本から首都のクアラルンプールまでは飛行機で約7時間程度の距離にあります。

マレーシアは、マレー系、中華系、インド系など多民族によって成り立っています。 物価は日本の約60%と言われております。

ただし、お酒などはイスラム国家であるため、重税が課せられており、日本と値段はあまり変わりません。



治安については、周辺諸国と比較するとマレーシアの治安は安定しています。 ただし、旅人を狙って軽犯罪は起きていますので最低限の注意は払いましょう。



交通については交通インフラは他のアジア諸国より整っており、歩道も整備されているので街歩きしやすいです。 電車も、クアラルンプールは高速鉄道・LRT・MRTなどが張り巡らされています。 また、KLGOという無料のバスも巡回しています。 タクシーについては他の国同様交渉が必要ですので、Grabなどのタクシー配車アプリを利用しましょう。 しかし、中心部は渋滞が激しいので移動は極力電車を使いましょう。



気候については、マレーシアは赤道に近い国ですので、常に気温は30度台。 そして、湿度が高いのでムシムシしています。 太陽が高く上がるため日焼け対策やサングラスは用意するほうがいいでしょう。 雨期は11月から2月の間ですが、一日中雨が降るわけではありません。

いつ訪れても楽しめるのもマレーシアの強みです。



文化については、マレーシアはイスラムの国で様々な文化が交差する魅惑的な国です。 モスクを訪れる際は露出度の高い服装はNGです。



交通・通信インフラが整備されているためロングステイやリモートワークするのには最も適しています。

観光スポットが少ないですが、ショッピングセンターやモールが多いので快適に生活することが可能です。

Comments


自由人への第一歩
​ポイ活を始めよう!

img_introduce03.png
img_introduce06.png
bottom of page