top of page

年金をアテに出来ない人生100年時代を生き抜くための戦略とは

こんにちは!『すぎちゃん先生』こと杉川雅彦です。

2016年に『LIFE SHIFT』が発売されてから「人生100年時代」について議論されるようになりました。

年金も65歳からの支給となり、支給額も年々下がっている状況で年金をアテにできない状況でどう生き抜くかは40代超えたあたりから真剣に考える必要があります。


 

【目次】

 

 

65歳からの年金は月額いくら?

 

みなさんは自分がもらえる年金がいくらか把握していますか?

私は恥ずかしながら把握しておりませんでした。

ですので把握されていない方は恥ずかしいことでは有りませんので現実を受け止めていただければと思います。


厚労省が発表している「平成29年度厚生年金保険・国民年金事業の概況」での年金の平均受給額は以下の通りです。


自営業や専業主婦など(国民年金のみ)男女とも同じで約5万6,000円/月


会社員や公務員など厚生年金の受給額は、保険料の納付月数と収入によって決まるため、収入が高いほど受給額も多くなります。男女差があり、男性の平均受給月額は約16万5,000円、女性は約10万3,000円です。


単身者であれば上記の金額で、夫婦であれば上記の組み合わせの金額となります。


それによって65歳からもらえる金額が大きく変わってきます。

定年まで夫婦で勤め上げれば、合計26万8千円

夫が定年まで勤め上げて専業主婦の組み合わせだと、合計22万1千円

夫婦で個人事業主だと、合計11万2千円

単身者の個人事業主は5万6千円


個人事業主の年金に関してはかなり深刻です…


私は個人事業主で独り者なので老後の生活が心配です。


 

65歳までに必要な貯蓄額

 

「令和元年度 生活保障に関する調査」(生命保険文化センター)によると、「夫婦2人で老後生活を送る上で必要と考えられている最低日常生活費の平均額は、月額で22.1万円」となっています。

一方、「2019年家計調査報告(家計収支編)」(総務省)によると、高齢夫婦無職世帯(夫65歳以上、妻60歳以上)の一ヶ月の消費支出は23万9947円とされています。


高齢単身世帯についても、総務省のデータを参照すると、高齢単身無職世帯(60歳以上)の消費支出の平均額はおよそ13万9,000円とされています。


国民年金のみの個人事業主は生活は、年金だけでは聴きていくことは困難です。

ある程度蓄えがないと生活自体ができません。

場合によっては生活保護に頼らなければいけないかもせれません。

そんな人がたくさん増えてしまうかもしれないのです。


65歳から100歳まで生きると仮定すると、単身者に最低必要な『13万9,000円』から年金『5万6,000円』を引いた金額である『8万3千円』に12か月で年間に必要な金額『99万6,000円』それを35年で『3,486万円』を65歳までに貯める必要があります。


65歳までに『3,486万円』貯めることあなたは出来ますか?



 

今からでも間に合う リタイヤ生活を実現するプランとは

 

単身者を例として、年金以外に必要なお金の差額は『年間99万6,000円』で、その金額があればなんとか生活していくことが可能であるということがわかりました。


ということは、65歳までに毎年金利が100万円入ってくる状況をつくれば死ぬまで最低限の余生は過ごせるということになります。


その状況をつくるためには、投資が必要となります。

毎月積立額53,000円で全米インデックス投資の平均利率8%複利運用したとして、50歳から15年積立で達成することが可能です。


1,576万の年利は126万で20%税抜き後の金額がちょうど100万円となります。

世の中の情勢で金利は変わる可能性がありますが、まだまだ十分間にあうということで少しは安心していただけたのではないでしょうか?


但し、毎月14万円の中で超節約生活するという前提となりますので色々制約があることは理解しておきましょう。


銀行などに貯金していても全然増えません。

貯金だと65歳から100歳まで生きると3,500万必要です。

この金額を50歳から65歳までに貯めるとなると毎月20万円貯金する必要があります。


よって、投資信託で複利で運用するということを頭に置くようにしてください。

そのためにはお金の勉強もちゃんとしたほうが良いです。

20年前の自分にホント聞かせたい話です。


 

さいごに

 

今回は、私にとっても深刻な年金の話をさせていただきました。

個人事業主の方は、特に危機感を持ったほうが良いかと思います。

私自身もっと早く年金のことについて考えておくべきだったと反省しています。


でも、安心してください。


東南アジアでワーケーションし、将来的に東南アジアに移住することですべての問題が解決できる秘策があります!

そして生活を豊かに暮らすことも可能です。

今後もワーケーションやFIREに関する情報も発信してまいりますのでお楽しみに!


このブログを読んでいただいて『海外移住したい!』という価値観に共感していただいた方が多ければ、そういった人が集まれる場所を作ろうと思いますので『海外移住したい!』とコメントいただけますと嬉しいです。

※コメント欄は関連記事の下にありますのでよろしくお願いします

閲覧数:35回0件のコメント

Comments


自由人への第一歩
​ポイ活を始めよう!

img_introduce03.png
img_introduce06.png
bottom of page